箱の研究室top画像
箱の研究室

紙の箱を作り始めて80年。

当研究室では、紙製の箱を中心にアレコレ試行錯誤しながら日々研究をしています。実際にお手元に箱が届くまでにどんな経過があるか。材質はどうやって選んでいるのか。どんな風に設計をしているのか。あまり表に出てこない箱についてのアレコレ。製造現場があるからこそ見せることができる裏側。これから箱を作りたい人、ちょっと箱を見直したい人。色んな方に新しい情報を提供して参考にして頂ければと思っております。

File no.01 設計と試作

 組み立てやすく台紙と箱を再設計

家庭用機器を販売されているお客様より、「輸送時に使用している製品保護用の段ボール台紙が組み立てづらく時間が掛かるのでどうにかしたい」とのご相談を賜りました。実物を拝見しますと、パーツが3種類に分かれており形状もマチマチ、展開図が大きいものもあり、確かに組み立てが大変そうでした。その他にも具体的な条件として、

  1. 組み立てやすくしたい。
  2. 本体をしっかり固定できる。
  3. 消耗品を入れるスペースがいくつか欲しい。
設計と試作 図解

などなどございました。本体以外の付属品もかなり多い製品ですので、空間を空けるのが非常に難しい案件で、ハードルが高いと思いながらも、折角のご相談でしたので、引き受けさせて頂きました。

まずは上下で入れるか、横に入れるか…アレコレ試行錯誤

最初の打ち合わせ段階で、製品本体と付属品を横並びに入れるか、それとも上下にするかで悩みました。

「上下に入れたら重さで潰れてしまうとまずい」

「いやいや、材質を固くすれば潰れないだろう」

「そもそも一体型でこれだけのパーツを網羅するのは無理」

など、いろいろな考えが出ました。

ただ、現状の外装は横長で、平たく持ちづらく感じていましたので、最終的には製品を上下に納めて外装をコンパクトにしようと結論づけました。

持ち運びが楽で、なおかつ展開サイズが小さくなることで、生産コストや配送コスト削減にもなるというメリットもあります。

横幅の比較図解
設計のポイント画像
製品に合った適正サイズには こんなメリットもあります。 ①持ち運ぶ時に楽。 ②展開サイズが小さくなり、 配送コスト削減も可能。 設計のポイント

そして試作を重ね、何パターンかご提示した結果、次のような形状で決定しました。

一見複雑そうでも組み立ては簡単!さらに緩衝効果も高い!

「一石三鳥」の機能を持った台紙が完成しました。

ひとつの台紙を2つ組み合わせた画像

段差のある台紙を…

2つ向かい合わせて上げ底を作り、

外装にセットします。

今回のような製品を固定するには、通常は段ボールですと緩衝材は1つのパーツで作るのがよくあるパターンですが、写真のようにパーツを2つに分けることでより高い緩衝効果を得られるようにしました。2つの台紙で製品を底上げしているので、運搬時に直接的な振動を受けませんし、外箱も蓋のフラップ部分を2重にして更に緩衝効果を高めました。

では、組み立て方を紹介します。

設計と試作 file01組み立て方1

右の空いている空間にはリモコンなどの消耗品が入ります。段ボールを一部立ち上げることで製品を支える部分を作り、下の空いた空間にも消耗品を入れられるように設計をしました。製品のサイズが大きいので同じパーツを2つ利用して強度を出し、しっかりと製品を支えます。

設計と試作 file01組み立て方2

2回折り込むと大体の形状が見えてきます。この形状のものが2つで一組となっています。一見すると複雑ですが、組み立て方も理解しやすく、慣れるとその分早く作業ができるようになっています。

設計と試作 file01組み立て方3

2つ組み立てて、向かい合わせにセットしたら完成です。

 

設計と試作 file01組み立て方4

左の写真は3の台紙2つを外装にセットした状態です。蓋のフラップはこのように折り返して2重になるように設計しています。高価な製品をより安全に運べるように配慮を尽くしました。

当サイ「箱の研究室株式会社コマガタが運営しております。オリジナル化粧箱、パッケージ印刷・製造で困ったら…コマガタにおまかせください!

ダンボール製スツール

プレゼントキャンペーン中!【6/30まで】

使って楽しい!受け取ってうれしい!

カラーダンボールで作るおしゃれな

ギフトボックス専門通販サイトです。

室長のアレコレメモ

サイズが異なる本体の固定方法や各消耗品の収納スペース確保など、クリアすべき条件が多い案件でしたが輸送テストに合格した時は安心しました。最後の収納アイディアが出るまで生みの苦しみを味わいましたが、お客様に満足頂けて非常に良い経験でした。

箱についてのアレコレ、ちょっと相談してみたくなったら…どうぞお気軽にお問い合わせください!
File no.02 設計と試作

「誰でも楽に、しっかり梱包」できる箱の設計

今回は空気清浄機を取扱いされているクライアント様からのご依頼です。メンテナンス時にお客様がご自宅などから製品を整備工場へ送り返すための「保護用出荷段ボール」を作成したいとのこと。設計のため、早速本体を受け取りました。とりあえず高そうです。そして空気清浄器だけに重量もあります。今回の課題は次の2つです。

  1. エンドユーザーが製品をなるべく持ち上げずに梱包できる。
  2. デリケートな製品をしっかり固定できる。
設計と試作 file02保護用出荷ダンボールの使い方

「みかん箱」のような一般的な段ボール形状では、下の図解のように製品を持ち上げて箱に入れることになります。製品は何種類かサイズがありますが、一番重たいもので15kg以上はあり、お年寄りや女性には持ち上げるのが大変そうです。

設計と試作 file02ユーザーが梱包する時に困ること

製品を持ち上げることができても、梱包中に誤って落としてしまう可能性もあります。また、梱包箱が製品をしっかり固定できる構造でないと、搬送時の衝撃で製品を傷めてしまうことも。「組み立てやすく、しっかり固定」は箱の設計において基本ですが、今回製品を梱包するのは年齢も性別も様々なエンドユーザーです。そういった梱包作業に不慣れな方でも「組み立てやすく、安全に、梱包しやすい」箱にするには、どんな構造がふさわしいでしょうか。

発想の転換! 製品を持ち上げずに梱包できるようにしよう!

そこで、ダンボールを組み立てずに、開いた状態にして製品を真ん中に置き、そこから箱の側面を立ち上げるような形状を考えてみました。

設計と試作 file02 楽々梱包のアイディア
設計と試作 file02 組み立て方の解説1

組立開始

これなら製品を持ち上げずにスライドさせながら箱中央へ移動させればOKです。重たい製品を持ち上げるよりも、安全で手間を掛けずに梱包出来ます。

設計と試作 file02 組み立て方の解説2

そして強度を出す為に、本体に被せるタイプの外装も作りました。段ボールを二重にすることで、重量があるものでもしっかりと保護できます。ただ、この仕組みでは内装と外装を固定しないとガタついてしまうので、初めは「バンドでも巻いて固定してみればいいんじゃないか」なんて話もありました。ですが一般家庭ではおそらく出来ませんので、代わりに

設計と試作 file02 外装の固定もできる便利な取手

はめ込むタイプの樹脂製の取手を使うことにしました。大手プリンターメーカーなども箱を固定するために使っているもので、発送時は取手にもなり一石二鳥です。

設計完了!さて、輸送テストの結果は…?

いよいよこの段階で、強度は十分なのかクライアント様に輸送テストをしていただきました。その結果は、底上げ用の段ボール台紙が潰れて、製品底面に取り付けられているメッシュの金属プレートが曲がってしまいました。そこで違う形状の台紙を改めて検討しましたが、あまり難しい設計にするとエンドユーザーが組み立てられないのではという心配もありましたので、今回は緩衝材を工夫することにしました。

一般的な発砲スチロールですと衝撃に弱く、欠けたり、粉状のカスが出ますが、今回は、耐衝撃性に優れた素材を採用しました。

設計と試作 file02 耐衝撃性に優れた緩衝材

この緩衝材も、コスト高になる成型はせず「板材形状」にして、金属メッシュの底面より強固な筐体(きょうたい)部分で支えるようにしました。これなら製品の片側を持ち上げて隙間に入れるだけなので、エンドユーザーでも簡単に梱包作業が出来ます。

再度、輸送テストをして頂いたところ、問題なく輸送も出来、無事設計が終了しました。

室長のアレコレメモ

今回は、企業で利用するというより、一般の消費者が利用するケースでした。色々なお客様がいらっしゃいますので力のない女性でもうまく使えるかどうかなど、具体的なお客様像を想定しながら設計をしました。実際にクライアント様の女性社員の方から、「持ち手が段ボールの断面のままだと運ぶ時に手が痛い」などフィードバックも頂きながら改善を加えました。

 

設計設備のご紹介
設計設備 サンプルカッターのヘッド

設計ご依頼をいただいたら、製品の重さなどに最適な用紙を選んで「無地の原寸サンプル箱」を作成し、お客様にご確認いただいております。その際に大活躍の「サンプルカッター」を動画でご紹介します。(約1分20秒程度。※機械動作が始まりますと音が出ますのでご注意下さい。)

当サイト「箱の研究室」は紙箱を作って創業80年の株式会社コマガタが運営しております。

オリジナル化粧箱、パッケージ印刷・製造で困ったら…

〈見積り無料〉コマガタのオリジナル化粧箱専門サイト「化粧箱屋ドットコム」へご相談ください!

当サイ「箱の研究室株式会社コマガタが運営しております。オリジナル化粧箱、パッケージ印刷・製造で困ったら…コマガタにおまかせください!

〈見積り無料〉コマガタ本家サイトへ

ダンボール製スツール

プレゼントキャンペーン中!【6/30まで】

使って楽しい!受け取ってうれしい!

カラーダンボールで作るおしゃれな

ギフトボックス専門通販サイトです。

箱についてのアレコレ、ちょっと相談してみたくなったら…どうぞお気軽にお問い合わせください!
File no.03 設計と試作

サイズ違いでも兼用できる台紙付き化粧箱

ひとつの箱でサイズ違いの製品を梱包できるようにしたい。

色々な設計ご依頼の中で、「製品サイズが複数あるので箱を兼用したい」というご要望をよくお寄せいただきます。今回はヘアーロールブラシのオリジナルパッケージについてのアレコレです。一見すると、複雑な設計ではないように見えますが、実は中に入ってる台紙に工夫があるんです。

設計と試作 file03 サイズ違いの製品を兼用できる箱
file03 兼用できる台紙の構造
台紙を外箱にセットして上からブラシを差し込みます。 サイズ違いのブラシを固定するため、 台紙には直径が異なる放射状の切れ込みを入れました。
設計と試作 file03 セット方法と台紙の拡大写真

通常のロールブラシのように、ブラシ部分が髪を巻きつける為に太く丸くなっていて柄の部分がブラシ部分よりも持ちやすいように細くなっております。この台紙では柄の部分を2点抑えることで固定をしております。ブラシ自体のサイズが6種類ありましたので写真のような複数サイズに対応する穴の形状にしています。上下ともに放射状の切込みを入れることでサイズ違いの製品にも柔軟に対応、柄の部分を2点でしっかり押さえるので固定用の台紙としても問題ありません。ブラシ自体長さも異なるので上手く固定できるか心配でしたが、お客様にも納得頂き無事納品に至りました。

 

商品はまだ市場に出る前ということで売れ行きが読めず、お客様も全バリエーションに対応したパッケージを作ることに躊躇っていらっしゃいました。極力コストをかけずに共通化できる所は節約して初期費用を抑えたご提案となりました。今後は売れ行きに応じて個別対応をしていければ…と考えております。

そして今回はパッケージデザインもお手伝いさせていただきました。女性向けの商品として、使用後の髪のなめらかさをイラストで表現してみました。ここで女性の写真を使用しますと写真のイメージにより購買層の幅が限られてしまいますので、世代に関係なく購入していただけるようイラストにしました。

 

室長のアレコレメモ

当サイ「箱の研究室株式会社コマガタが運営しております。オリジナル化粧箱、パッケージ印刷・製造で困ったら…コマガタにおまかせください!

ダンボール製スツール

プレゼントキャンペーン中!【6/30まで】

使って楽しい!受け取ってうれしい!

カラーダンボールで作るおしゃれな

ギフトボックス専門通販サイトです。

〈見積り無料〉コマガタ本家サイトへ

箱についてのアレコレ、ちょっと相談してみたくなったら…どうぞお気軽にお問い合わせください!
ページ TOP ^
箱の研究室

当サイト「箱の研究室」は創業80年の株式会社コマガタが運営しております。

Copyright(c)2004-2015 by Komagata co.,ltd. All Right Reserved.

〈見積り無料〉本家サイトはこちらから!